« 千葉県知事に森田健作氏が初当選 | トップページ | 千葉に行ってきた »

2009年4月 1日 (水)

北朝鮮から飛んでくる物

北朝鮮から人工衛星の打ち上げと称し、何やら飛んでくるようだ。ミサイルだという報道もあり世間は落ち着かない。人工衛星の打ち上げも弾道ミサイルの発射も技術的には変わらないのだ。発射速度と発射角に僅かな違いがあるだけで本質的には変わらない。北朝鮮という危険極まりない国がこれを実行しようとしていることが問題なのである。慌てず騒がず見守っていればよい。もし人口衛星であれば事前にビーコンの周波数と変調方式を公開し全世界に打ち上げの成否をオープンにするだろう。未だに公開されていないのは人工衛星ではないのかもしれない。もしミサイルの発射ということになって、日本に被害が発生した場合は、このときとばかりに被害の補償を求めるべきであろう。しかし、北朝鮮は「日本の我国への敵視政策に対して厳正な処置をとった」とでも言うしかない。それなら北朝鮮への経済的ダメージを与える口実になるではないか。北朝鮮が目を剥くくらいの多額の補償金を要求すればよいのだ。北朝鮮が日本に対して戦後補償を求めているが、北朝鮮は日本と戦っていないのだから戦勝国ではない。韓国との国交正常化交渉に於いても戦後賠償の問題は出なかった。そのかわり経済支援ということで決着をみたのだ。しかし、韓国も北朝鮮も戦前に日本が構築したインフラを横取りし建国の礎にした経緯から、いつか日本が取り返しにくるのではないかと恐れおののき従軍慰安婦などの問題を持ち出してきているのだ。北朝鮮については拉致問題も懸案として残っているが、これは先年、小泉訪朝の折、金正日が説明した「英雄主義による一部の人間の犯行」であると認めているように全面的に北朝鮮が悪いのだ。今回の発射、これも日本の敵視政策に絡めて、自分たちの行為を正当化してくると思われる。人工衛星かミサイルか、あと数日で判明する。わが国に被害が出ないことを祈りたい。

|

« 千葉県知事に森田健作氏が初当選 | トップページ | 千葉に行ってきた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮から飛んでくる物:

« 千葉県知事に森田健作氏が初当選 | トップページ | 千葉に行ってきた »